マンションの購入や売買をしよう

日本に初めて、マンションが建てられたのは1953(昭和28)年です。それから50年以上経過し、私達にとっては、マンションは住まいの選択肢の1つとして重要になっています。新しい住まいを考えたときには、家にするかマンションにするか迷う人も多いでしょう。不動産経済研究所の調査によれば、2005年以降の実際のマンションの販売戸数については、年々減少を続けていましたが、2010年は8万4701戸となり、前年に比べて6.4%の増加となっています。首都圏や近畿圏では増加し、その他の地域では減少となっています。マンションの平均価格については、4022万円で、前年比で5.8%上昇しています。1平方メートルあたりの単価も55.7万円で、前年と比べて3.7万円のアップとなりました。首都圏や近畿圏での販売戸数の増加の背景として、政府の住宅購入支援策や低金利によるものと見られています。マンションの販売戸数や平均価格は、経済の動向にも影響を与え、私達の生活にも影響してきますので、マンションの購入や売買を考えている人は、注意深く見る必要があるでしょう。マンションは、先の調査にもあるように安い買い物ではありません。マンションを買ったのに、欠陥やトラブルなどにみまわれたら、大変です。マンションに長く安心して暮らせるように、これからマンションの購入の仕方についてみていきましょう。また、マンションを購入したけど、事情により売りたいという人もいるでしょう。そういった方にも、マンション売買の流れをみていきます。

このサイトならヘスペリジンの成分情報などを知る事ができます。

核酸の効果や効能について

ページの先頭へ